アンデウソン・シウバが語るクリス・ウェイドマン, GSP, ステファン・ボナー


アンデウソン・シウバが、MMAサイトTatameとのインタビューで、クリス・ウェイドマン、GSP、,ステファン・ボナー戦について語っています。

まずはNo.1コンテンダーといわれているクリス・ウェイドマンを差し置いて、ステファン・ボナーと戦うことに決めたことに対し、ウェイドマンが異議を唱えていますが、

「全てのことには、時がある。ウェイドマンは、将来的にタイトルに挑戦する機会を得るだろう。
ただ、彼が、タイトル挑戦権を得る前に、自分が、また誰かとタイトル戦を行なうかもしれない。もし、そのタイトル戦で、自分が負ければ、ウェイドマンは、他の人と、タイトル戦を行うことになるだろう。要するに、何が起こるかはわからないという事だ。

次戦のボナー戦の後のことは、まだ、何も決めていない。もしかすると、ウェルター級に落とすかもしれないし、ヘビー級にいくかもしれない。そもそも、この階級に、居続けるかも、定かではない。すべての可能性が、考えられる。何が起きても、おかしくはない。すべてのUFCファイターに、タイトル挑戦のチャンスがある。ファイターは、その時まで、常に、努力し、機会を待たなければならない。」

要するに、シウバを待つのではなくて、UFCから与えられた試合を、戦っていけということでしょうか? 
正直、現時点で、シウバ vs ウェイドマン戦の可能性は低いような気がします。
シウバ、眼中なしという感じです。

その一方で、GSPとのスーパーマッチに関しては、先ほどの、将来の事については分からないという発言から一転し、

「次の試合は、GSP戦がいい、この試合は、ファンが見たいカードだと思う。」

、と発言しています。

先ほどとは、打って変わっての発言ですが、どうなることやら。

シウバも、どうせ戦うなら、お金にもなるし、注目を集める事が出来るGSP戦を選びたい、というのは、残り少ない彼のキャリアを考えると、当然のことだと思います。

ただ、一方で、GSPは、ウェルター級のファイターたちとの戦いを優先する、と発言しているので、これで、シウバが、本当に、ウェルター級に階級を落としてきたら、とても面白いのですが。

最後に、ステファン・ボナー戦について、

「とても気をつけなければいけない。ライトヘビー級で戦うので、自分は、いつもより重くなるし、その影響で、スピードも遅くなる。自分は、彼を、KO出来ると信じているが(みんな、同じ考えです、シウバ師匠)、タフな試合になるであろう。ファンのためにも、いい試合をしたいが、それは簡単なことではない。」

http://www.bloodyelbow.com/2012/9/20/3365204/ufc-153-anderson-silva-chris-weidman-work-wait-minotauro-nogueira-mma-news#storyjump
アンデウソン・シウバが語るクリス・ウェイドマン, GSP, ステファン・ボナー アンデウソン・シウバが語るクリス・ウェイドマン, GSP, ステファン・ボナー Reviewed by Hideki Azul on 9/21/2012 Rating: 5
Powered by Blogger.