マイク・タイソンがMMAについて語る

マイク・タイソンは、This is 50のインタビューの中で、もしMMAがもう少し早く今日のような大きなビジネスになっていれば、自分はボクサーにならずに、MMAファイターになっていただろうと述べています。

彼は、MMAとボクシングを比べ、MMAの方がよりリアルなストリートでの戦いに似ているとコメント、



「俺はストリートファイトでやるように、リング上で相手をマットに叩き付けたり、締め付けたり、チョークで落としたりしたい。マウントの攻防も面白い。MMAの方がそういう意味で多彩だ。」

また、彼は、モハメド・アリと彼が全盛期で戦ったらどうなるかについても語っており、タイソンは、アリに敵う人はいないと断言しています。
マイク・タイソンがMMAについて語る マイク・タイソンがMMAについて語る Reviewed by Hideki Azul on 9/07/2012 Rating: 5
Powered by Blogger.