UFC151の予想損害額


MMA Fightingによると、UFCがUFC151で被った予想経済被害額は、40億円と見積もられています。

これらの額には、ファイトマネーの他にも、地域への経済被害(ホテル、タクシー、レストラン、クラブ、賭け事などで発生したであろう利益)も含まれます。

会社自体の損害額は、20億円で、これには2億円のマーケティング代(この2億円の数字はダナ・ホワイトにより直接明かされる)も含まれます。

UFC151では、ゲート収入は2億から2,5億円近く、ケーブル局などからの収入は7.5億円、またPPV収入は27.5億円ほどの売り上げを見込まれていました。(ちなみに、これらの数字は会社の利益とは別です)

ただし、これらの数字は、あくまで予想だということです。

まぁ、これで、なぜ皆が、誰か一人をよってたかって、スケープゴートにしたのかが、よく分かります。

http://mmapayout.com/2012/09/report-ufc-151-cancellation-a-40-million-economic-loss/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+Payout+%28Payout%29
(MMA Fighting)
UFC151の予想損害額 UFC151の予想損害額 Reviewed by Hideki Azul on 9/09/2012 Rating: 5
Powered by Blogger.