UFC王者になる可能性のある20人のファイター達 パート3


エリック・コク / 若干23才ながらすでにタイトル挑戦権を獲得したことがあるコク。残念ながら怪我によりタイトル戦は頓挫してしまったが彼の才能に疑いの余地はない。彼は特にレスリングと関節技の技術が突出していたが最近ではストライクングにも向上が見られている。残念ながら彼の存在はホゼ・アルドやフランキー・エドガーによって薄くなってしまっているが彼がタイトル戦に顔を再び出してくるのも時間の問題である。

へクター・ロンバード / 彼はUFCでデビューを飾るまでアンデウソン・シウバにとって最も脅威な存在の1人として考えられていました。しかし彼のUFCデビュー敗戦後、その評価は一転し現在では過大な評価をされていた選手の1人として認識されています。しかしもし彼がこの状況から這い上りUFC以前のような戦い方を取り戻すことが出来れば彼への期待値は再び上昇するでしょう。

ローリー・マクドナルド / マクドナルドの才能は疑いようもなく彼はすべての面で高い技術を誇り数年に1度しか現れないスターの可能性を持っている存在である。
しかし唯一の問題点は彼の友人であるGSPが長らく彼の階級であるウェルター級を支配している点である。もしかすると彼のタイトル挑戦はしばらくの間お預けになるかもしれない。しかし彼がいつかはUFCの王者になることはほぼ疑いの余地はなさそうだ。

グレイ・メイナード / メイナードは過去2回にわたるフランキー・エドガーとの戦いで惜しくも敗れてしまい王者になり損ねてしまったが、だからといって彼がタイトル挑戦権をもう得ることが出来ないというのは間違いである。彼は今でもライト級のトップファイターの1人だと証明し続けている。

マイケル・マクドナルド / 若干21歳のマクドナルドはこのリストの中でも最も若く1番多くタイトル挑戦への時間が残されている。現在バンタム級はとても競争が激しいがミゲール・トーレス戦での勝利は彼を一気にトップコンテンダーの1人に挙げ現在彼への評価はうなぎ登りである。彼は今後2,3年間はドミニク・クルーズやヘナン・バラオなどとのタイトル争いとなるであろう。

http://bleacherreport.com/articles/1347206-20-fighters-with-the-potential-to-wear-ufc-gold/page/12
UFC王者になる可能性のある20人のファイター達 パート3 UFC王者になる可能性のある20人のファイター達 パート3 Reviewed by Hideki Azul on 9/29/2012 Rating: 5
Powered by Blogger.