マーク・ムニョスは2月復帰に標準を定める


マーク・ムニョスはクリス・ウェイドマン戦後に医師の元でレントゲンを取った結果、彼の右足の甲が疲労骨折状態である事が分かった。
現在リハビリ中の彼ですが一部の報道では1年間は復帰できないのではと伝えられていました。

ムニョスはNACS Showで自身の今後の予定について

「出来るだけ早く復帰したいと思っている。この怪我が自分を戦いから終わらせる事は出来ない。今年は自分にとってつらい年だった。肘の手術を終えた後に復帰を急ぎすぎてしまった結果、また怪我をするという悪循環を経験してしまった。この事から自分は多くの事を学んだ。
前回の試合の時は正直言って本来の自分ではなかった。だから次回復帰するまでにはしっかりと自分自身を取り戻し、それから試合に臨見たいと思う。

この2年間自分はたくさんの試合を経験した。自分の体は常に戦いを要求しているから。ウェイドマン戦が8試合目だったと思う。だから常にキャンプを送る日々だった。今は少しばかり休みを取ってそれからリングに戻りたいと思う。だからリングに戻った時には暴れ牛のように暴れるつもりだ。今は2月に復帰する目標を立てている。」

彼は復帰戦の相手としてウェイドマンとの再戦やマイケル・ビスピングとの対戦など彼を再びトップコンテンダーの1人として印象図けれる相手との対戦を希望しています。

「ウェイドマンと再び戦ってみたし、マイケル・ビスピングとも戦いたい。自分は世界王者になるのが目標だから再びトップコンテンダーとして認めらなければいけない。その為にもトップファイター達と試合を行って行きたい。
また自分自身を取り戻したいしていきたいし、ファンには自分が前回の敗戦で犯したミスからしっかりと学習したという姿も見せて行きたい。
王者というのは何回勝ち星を挙げたとかではなくて、敗戦から何をどのように学んだのかという視点で計られるべきだ。
自分は前回の敗戦から学んだ事をしっかり次回証明していきたいと思う。」  

http://www.fightline.com/fl/news/2012/1009/550919/mark-munoz/

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村


格闘技 ブログランキングへ
マーク・ムニョスは2月復帰に標準を定める マーク・ムニョスは2月復帰に標準を定める Reviewed by Hideki Azul on 10/10/2012 Rating: 5
Powered by Blogger.