ダナ・ホワイトは女子部門設立に意欲的


ダナ・ホワイトといえばかつて女子MMAについてかなり否定的な意見を持っていましたが
女子MMAが活発的になり各階級に有力選手が揃ってきた現在、彼は女子MMAを過去とは違う視点で見ることができるようになったようです。

特にロンダ・ラウジーの大活躍は彼の女子MMAに対する偏った考えを大分変えたようで

「今までロンダ・ラウジーに対する思いを隠した事はないと思う。リング上で優れたパフォーマンスを見せることができるファイターなのはもちろんのこと、彼女は良い興行成績を残すことができる。まちがいなく彼女はMMA界のスターだ。特にラウジーとサラ・カウフマンやミーシャ・テイトとの戦いは素晴らしかった。」

また彼はラウジーについてのコメントの最後を女子部門設立に動き始めているという言葉で締めくくっています。

彼は他のインタビューでも女子部門設立は近い将来必ずUFCで行っていくと語っているのでUFCで女子部門を見れるのは時間の問題だと思われます。

ただフェザー級の設立に1年以上の時間がかけられている事から、たとえUFCが女子部門設立を今すぐに決定してもすぐにラウジーらをUFCで見ることはなさそうですが。

もちろんこの状況も、もしストライクフォース消滅という事態が起きれば変わってくるかもしれません。

http://www.mmaweekly.com/ufc-president-dana-white-committed-to-bringing-womens-mma-to-the-octagon

にほんブログ村 格闘技ブログへ
にほんブログ村


格闘技 ブログランキングへ
ダナ・ホワイトは女子部門設立に意欲的 ダナ・ホワイトは女子部門設立に意欲的 Reviewed by Hideki Azul on 10/24/2012 Rating: 5
Powered by Blogger.