最も過大評価されているUFCファイター 階級別 パート1


Bleacher Report.comで過大評価されているUFCファイターが階級ごとに紹介されています。
 
フライ級;イアン・マッコール

マッコールはもちろん良いファイターだし、世界屈指のフライ級ファイターの1人として多くの人に認識されている。しかいUFCでの彼の成績はあまり芳しくはない。UFC初戦で、彼はデメトリアス・ジョンソンをフィニッシュすることができず、再戦となった2戦目では、1戦目よりもさらに出来の悪いパフォーマンスを披露し、ジョンソンをコントロールすることに失敗した。結局この敗戦で、彼はタイトル戦への道を閉ざされてしまうことになる。もし彼がUFCでこのような戦い方しか出来ないのであれば、彼の評価は過大評価されているとみなされても仕方がない。

バンタム級; アレックス・カセレス, アイヴァン・メンジバー

もし身体能力という面だけに着目するのであれば、カセレスはこのリストの中で1番過大評価されているといえるだろう。彼の問題点は、彼がUFCでなかなか彼が持っている能力を出し切れていないという点である。彼は現在UFCでは、2勝3敗の成績だが、彼が相手をフィニッシュするよりも、彼がフィニッシュされる方が多いというのが現状である。

アイヴァン・メンジバーはUFCでも経験豊富なファイターの内の1人だが、彼はトップファイターには勝つことが出来ないというジレンマを抱えている。例えば彼はマイク・イーストン戦で有効な打撃を当てることが出来なかった。もしかすると彼と対戦することは、トップファイターになるための有効な手段なのかもしれない。

フェザー級;  ディエゴ・ブランダオ, ジョージ・ループ

ディエゴ・ブランダオの弱点は、試合中にすぐにガス欠になることだ。彼のスピードやパワーが常に相手にとって有効かというと、特に彼の場合、レスラー相手ではそうでもないようだ。特に前戦のダレン・エルキンスとの対戦では、レスラー相手の彼に対し、15分間で23発の打撃しか当てることが出来ずに敗戦した。

ジョージ・ループは典型的な矛盾するファイターかもしれない。彼の過去5戦の戦いの内、4戦はどれもフィニュシュでグランドに持ち込んだ上で、相手をKOか、逆に相手にKOされている。彼の敗戦試合の原因は、主にフィニッシュの際の判断ミスにある。いくら素晴らしい能力を持とうとも、この判断ミスは彼にとって大きな障害となるであろう。

 ライト級; トニー・ファーガソン、 ジェレミー・スティーブンス

トニー・ファーガソンは高度な打撃力を持ち合わせておらず、また柔術についても、まだまだ学習が足りない。彼は関節技やグラップリング能力を磨く必要がある。

ジェレミー・スティーブンスは2007年よりUFCで戦い続けているが、ここ最近の試合では、彼が打撃系のファイター相手では、相手に劣勢に立たされるという事実を露呈している。ここ最近の彼は、ライト級のトップファイターに対抗できるすべがないようである。

http://bleacherreport.com/articles/1353225-the-most-overrated-fighters-in-each-ufc-division
最も過大評価されているUFCファイター 階級別 パート1 最も過大評価されているUFCファイター 階級別 パート1 Reviewed by Hideki Azul on 10/03/2012 Rating: 5
Powered by Blogger.