最も過大評価されているUFCファイター 階級別 パート2


ウェルター級; ダン・ハーディー、アミール・サダロー

たとえ彼が現在2連勝中だとしてもハーディーは過大評価されているファイターの1人だと認識されるべきだ。彼は深みのないファイターであり、彼のレスリングや柔術の能力はどちらも平均点に達している程度のレベルである。その為、もし彼がパンチを相手に当てることが出来なければ、彼の敗戦する確立はとても高いものとなる。

アミール・サダローといえば以前フォレスト・グリフィンのライト級版だと言われていたが、それも彼の過去5戦の平凡な戦い方のせいで、過去のものとなってしまった。彼はまるで新人のような戦いをし続けている。

ミドル級; ジェイク・シールズ、へクター・ロンバート

ジェイク・シールズは世界でもトップクラスのグラップリングの選手だということにまったくの異論はないが、なぜ彼がグラップリングの能力にそれだけ秀でているかには、もちろん理由がある。彼はグラップリング以外には何も出来ないからである。彼の戦い方はとても単純である。相手をグランドに持ち込み、相手に覆いかぶさった後は、ラウンドの終了までひたすら待つことである。ファンにとって、彼の戦い方はとてもいらいらするものである。

へクター・ロンバートを、過大評価されているUFC選手とするには、時期尚早だが、彼がそういわれるには理由がある。彼が26連勝という輝かしい記録を携えてUFCに来たためで、彼への期待値が、他の選手よりもはるかに高すぎたためである。

ライトヘビー級; フォレスト・グリフィン、チアゴ・シウバ

フォレスト・グリフィンがUFCの人気選手の1人だと考えるのはとてもタフなことである。最近の彼の試合を見るかぎり、彼はすでに戦いに対しての情熱を失っているように見える。彼は常に試合開始早々からガス欠になってしまうし、もしかすると彼はMMAファイターとしてはすでに限界なのかもしれない。

チアゴ・シウバは現状としてトップファイター達、リョート・マチダ、ラシャ‐ド・エバンス、ブランドン・ベラ、アレクサンダー・グスタフソン、との戦いでことごとく破れ、過去5戦で1勝4敗という成績である。彼は現在ファイターとしての転機点に差し掛かっているといえるだろう。

ヘビー級ファイター; シーク・コンゴ、アントニオ・シウバ

シーク・コンゴはUFCに6年以上在籍しており、ベテランといわれてもおかしくないUFCファイターだが、彼もまトップファイター相手には勝てないという現実を突きつけられている。他のファイターにとって、彼はヘビー級トップファイターへの登竜門になってしまっている。

アントニオ・シウバのケイン・ベラスケス相手のUFCデビュー戦は、とても悲惨なものになってしまった。彼のブラジリアン柔術黒帯といったバックボーンはこの一戦で、無いに等しい評価を生んでしまった。

http://bleacherreport.com/articles/1353225-the-most-overrated-fighters-in-each-ufc-division/page/9
最も過大評価されているUFCファイター 階級別 パート2 最も過大評価されているUFCファイター 階級別 パート2 Reviewed by Hideki Azul on 10/03/2012 Rating: 5
Powered by Blogger.