UFCで活躍が期待されるストライクフォースファイター TOP10 パート2


5, ネイト・マッコート

彼はかつて世界でもトップクラスのミドル級ファイターとして考えらタイトル挑戦を1回、タイトル挑戦者決定戦を2回している。2010年にはアンデウソン・シウバ挑戦まであと1人のところまでいた。残念ながら彼はチェール・ソネンに破れその夢はかなわなかったが。しかし彼は未だに全盛期におり彼がUFCのトップファイター達と渡り合えると考える事は決して難しい事ではない。

4, ルーク・ロックホールド

ロックホールドには素晴らしいレスリング力、キックボクシング力、そして関節技の技量があり、彼は典型的なアスリートといえるだろう。彼はそれらの能力を試合で十分に発揮できる能力も兼ね備えており、事実ストライクフォースでは無敗の11勝1敗という戦績を誇っている。
その為このリストで彼をNo.1にする事も出来たが, ここで重要なことは彼がミドル級の選手だという事である。
UFCのミドル級といえばMMA史上最高の選手であるアンデウソン・シウバがおり、残念ながらロックホールドのポテンシャルを持ってもシウバを倒す事は到底考えられない。 

3, ギルバート・メレンデス

メレンデスは現在UFC以外のライト級ファイターのなかではベストだと考えられている。彼には素晴らしいレスリングテクニックに世界でもトップクラスのグラップリングスキルを持ち合わせている。もし彼がこれらの能力を十分に発揮した際には彼がUFCのライト級ファイターを含めたリストでNo.1になる事は十分可能である。

2, ゲガール・ムサシ
  
ムサシがすでに世界最高峰のMMAファイターの1人だという事は言うまでもない。彼はこれまで数多くの強豪達と対戦してきたが彼がこれまで相手にノックアウトされた事は一度もない。(関節技によるタップアウトは2度あるが)
ミドル級だろうがライトヘビー級だろうがヘビー級だろうが彼はUFCでもすぐにタイトルコンテンダーになる事は可能である。

1, ダニエル・コーミエ

現在ヘビー級ランキングで2位にランクされているコーミエ。彼の高度なレスリング力とワンパンチで相手をノックアウトできるパワーはどのUFCのヘビー級ファイター達にとっても脅威である。彼のテイクダウンとパンチを同時に攻略することなどほぼ不可能であり、だからこそ彼は未だに無敗の道を突き進んでいる。

http://bleacherreport.com/articles/1363989-power-ranking-strikeforce-fighters-ufc-potential 
UFCで活躍が期待されるストライクフォースファイター TOP10 パート2 UFCで活躍が期待されるストライクフォースファイター TOP10 パート2 Reviewed by Hideki Azul on 10/10/2012 Rating: 5
Powered by Blogger.