BJペンのビフォー&アフター

UFC137のニック・ディアス戦以降は、セミリタイヤ状態の生活を送っていたBJペンですが、BJ本人によると、その期間、彼は最大で体脂肪率40%の体で生活していたとのこと。

今年7月に行われたUFC148において
彼は今週火曜日に行われた電話会談において

「お腹の脂肪をだいぶ落とした。トレーニングキャンプを始めるときは40%くらいの脂肪があった。キャンプでは、少しづつ、脂肪を落としながら、ベストな体に仕上げていった。」

もともとBJペンは9月にローリー・マクドナルドと試合をする予定でしたが、マクドナルドが38針縫う怪我をしたために、延期に、ただ、その際に、マクドナルドは上記のような状態のBJペンと戦うことになることを懸念していました。

それについて、BJペンは

「マクドナルドは(BJペンのことを)太りすぎだといっていた。もしこんな状態で、彼と戦ったら、彼の怒りを買って、リング上で殺されてしまうと思った。彼の発言は自分のやる気に火をつけた。
今はとてもいい状態になってきた。体脂肪率も10%いかだと思う。」

下記で現在のBJペンの状態を見ることができます。

BJペンのビフォー&アフター BJペンのビフォー&アフター Reviewed by Hideki Azul on 11/28/2012 Rating: 5
Powered by Blogger.