ダン・ヘンダーソンがチェール・ソネンのチームに参加か?


ダン・ヘンダーソンとチェール・ソネン両者に一致することといえば、二人ともジョン・ジョーンズを倒したいということですが、ただ、たとえ二人がジョーンズ撃破という同じ目標を持とうとも、二人の友情にひびが入ることはなさそうです。

ソネンは今週の木曜日にカナダのスポーツサイトTSNのインタビューに答え、ヘンダーソンが今回のソネン対ジョーンズ戦に異議を唱えている事について、まったく問題はないと語り、ヘンダーソンにはTUFで自身のアシスタントコーチを、ジョーンズと試合を行う際には自身のコーナーにヘンダーソンを置く事を明らかにしました。

この件に関しては、未だに公式発表は出されていませんが、ヘンダーソンはこの件についてMMAサイトのMMA Fightingで答えコーチ就任の可能性はあることを示しました。

TUFはラスベガスで撮影がすでに先月の後半より始まっており、ヘンダーソンは現在撮影には加わっていませんが、

「スケジュールさえ会えば(TUFに参加する)可能性はある。」と答えています。

またジョーンズ戦の際にソネンのコーナーにつくのかどうかについては

「まだわからない。ただもし彼が望むのであれば、もちろん彼のコーナーについて彼をバックアップするつもりだ。」と述べています。

ヘンダーソンは元々ジョーンズとUFC151で対戦する予定でしたが、膝の怪我を発症し試合はキャンセルへ。
その後、ジョーンズはビクター・ベウフォートとUFC152で対戦することになり、その試合で勝利を収めたジョーンズは次の防衛戦の相手としてソネンを選択していました。

が、ヘンダーソンはその件について、7年間もライトヘビー級で戦っていない(ライトヘビー級で実績を残していない)ソネンがタイトルに挑戦するのはこのスポーツにとって好ましくないし、タイトルの権威を落としてしまう、と今回のソネン対ジョーンズ戦が決まった経緯を非難していました。

ヘンダーソンはもしソネンが彼にコーチ役を引き受けて欲しいのであれば、彼はすぐにでもそのオファーを受けるだろうし、もしオファーがなければ2月に行われると噂されているリョート・マチダ戦に全力を注ぐ予定だと語っています。

http://www.mmafighting.com/2012/11/1/3588644/dan-henderson-says-hell-help-chael-sonnen-on-tuf-and-corner-him
ダン・ヘンダーソンがチェール・ソネンのチームに参加か? ダン・ヘンダーソンがチェール・ソネンのチームに参加か? Reviewed by Hideki Azul on 11/02/2012 Rating: 5
Powered by Blogger.