グレイ・メイナードの怪我の状況


UFC Tonightの番組の中で、グレイ・メイナードはUFC155を欠場する引き金となった膝の怪我の状況について、もともと彼は内側側副靱帯と外側側副靱帯に痛みを数年間に渡り伴っていたが、UFC155に向けたトレーニング期間中に、新たな痛みを発症し、2週間ほどたっても、その痛みが消えなかったために、今回は欠場という決断を下すことになったと説明。

(ひざの裏側)の腱や膝に痛みを伴っていたので、関節鏡で手術することにした。1ヶ月間はトレーニングができないから、UFC155に出場するのは困難だと判断し、早急にUFCに連絡した。代わりの相手を見つける時間が必要だから。
膝の痛みはここ3年くらいあった。そして2週間前に、再び痛みが発症した。トレーニングができないくらいの痛みだった。」

メイナードがトレーニングに戻れるのは医師のGOサインが出た後だが、彼自身は、早ければ2月には復帰できると目論んでいる。

http://bleacherreport.com/articles/1418927-gray-maynard-on-injury-my-knee-was-bothering-me-for-three-years
グレイ・メイナードの怪我の状況 グレイ・メイナードの怪我の状況 Reviewed by Hideki Azul on 11/23/2012 Rating: 5
Powered by Blogger.