ジョー・ローゾンのファイトボーナスの使い道


UFCでは大会毎にファイト・オブ・ザ・ナイト(大会で1番印象に残る試合をした選手に贈られる) 、ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(大会で1番印象に残るKO勝ちを収めた選手に贈られる) 、サブミッション・オブ・ザ・ナイト(大会で1番印象に残る関節技による1本勝ちを収めた選手に贈られる)の3賞をファイトボーナスとして該当選手に贈っていますが、現在そのファイトボーナスの最多受賞記録を持っているのがジョー・ローゾン、実に13試合で11回の受賞を記録しています。(ちなみに第2位はクリス・ライトルで10回、第3位はアンデウソン・シウバの9回)

ほぼ毎試合、ボーナスを受賞しているローゾンですが、前回のUFC on Fox 4でも、ファイト・オブ・ザ・ナイトとサブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞し、合計で1000万円近いボーナスをゲットしています。(1ドル=100円とした場合)
これによりローゾンは、ファイトマネー400万円とあわせ、合計1400万円を1日で獲得したことになります。

UFC on Fox 4後にボーナスの使い道についてインタビューを受けたローゾンは、そのお金でチームメイトとバッファローウィングを食べたと答え、またファイトボーナスをよく受賞することについて

「ボーナスに関してだけど、自分はとても恵まれていると思う。自分はいつも厳しいトレーニングを積んでいるし、たぶん、自分の柔術のスタイルがUFCの試合にあっているんだと思う。」
とコメント。

その他の使い道については

笑いながら

「たくさんX-BOXを買う」

(ちなみにローゾンはウェントワース工科大学コンピューターサイエンス学科卒のビデオゲーマー)

「まずは税金のことを考えないといけない。税金を引いたあとに、たぶん1000万円くらい残るだろう。家を買ったばかりだから、600から700万円くらいは家のローンの返済に、それに400万円ほどは学費ローンの支払いに消えるだろう。その400万円の学費ローンのうち、どれくらいの額を今すぐに返すのか考えなくてはならない。ローンは最悪だ。 
自分はコーチにちゃんとした金額のお金を払っているし、チームメイトを食事に連れて行くこともしょっちゅうだ。彼らは自分のトレーニングを手伝ってくれるから。それに加えて、自分がやっているブログも経費や人件費などでお金がかかる。
別にボーナスをもらったからって、新しい車やリムを買うって訳ではない。たぶん10万円くらいは、遊ぶ金に使える。」
との事です。

トップファイターでもなかなか資金繰りは大変なようです。
まぁBJペンぐらいのお金持ちであれば別でしょうけど。

http://www.mixedmartialarts.com/news/415599/What-Joe-Lauzon-is-doing-with-his-double-perfomance-bonus-
ジョー・ローゾンのファイトボーナスの使い道 ジョー・ローゾンのファイトボーナスの使い道 Reviewed by Hideki Azul on 11/16/2012 Rating: 5
Powered by Blogger.