アンデウソン・シウバとはウェルター級か, それに近い契約体重で勝負希望


UFC154でGSPがカーロス・コンディットを撃破したことにより、アンデウソン・シウバとGSPのスーパーファイトが現実のものになりそうな雰囲気が漂っていますが、ただ、この試合の実現に向け、最も大きな障害になりそうなのが、どの階級、または契約体重で、この試合が行われるのかということです。

GSPのトレーナーはこの件に関し、

「GSPに階級を上げて戦ってもらいたくはない。アンデウソン・シウバに階級を下げてもらいたい。シウバがウェルター級の体重か、それに近いところまで落とすことが出来るかは解らないが、仮にGSPが階級を上げた場合、彼は2度とウェルター級には戻ってこないつもりだ。GSPは自分に何度も、もし階級変更する場合は、2度とウェルター級では戦わないことを語ってきた。だから、もし可能であればシウバにウェルター級かそれに近い体重まで落としてきてもらいたい。」

GSPのチームにとって、シウバとの試合で最も警戒しなければいけないのが、体のサイズの違い。

「仮にシウバがいつものようにミドル級(84㎏)に体重をあわしてきたとしても、試合当日には彼の体は90㎏に戻っている。この体格差はフェアではない。
もしシウバがウェルター級(77㎏)まで体重を落とすことが出来るのであれば最高だ。彼が減量を行うことにより、仮に試合当日までにシウバの体が何キロか戻ったとしても、彼は減量によって、多少消耗しているから、GSPとはフェアな戦いになる。」

現在GSPは休暇中ということで、休暇から戻り次第、次戦について、話し合いを行っていく予定との事ですが、GSPのトレーナーによると、もしシウバがウェルター級に近い体重まで減量という選択肢を受け入れられない場合は、他のウェルター級の選手との対戦を検討していくとの事。

「最終的にはGSPが彼のマネージャーらと判断することだが、ウェルター級にはまだGSPが戦ったことのないニック・ディアスやジョニー・ヘンドリックスなどといったトップファイターがいる。
現状では、シウバとの対戦は50/50といった感じだ。」

http://www.mmatorch.com/artman2/publish/UFC_2/article_15062.shtml
アンデウソン・シウバとはウェルター級か, それに近い契約体重で勝負希望 アンデウソン・シウバとはウェルター級か, それに近い契約体重で勝負希望 Reviewed by Hideki Azul on 11/20/2012 Rating: 5
Powered by Blogger.