ダナ・ホワイトはステファン・ボナーからの電話を拒否


UFC154のモントリオール大会でダナ・ホワイトはステファン・ボナーに関する質問に答え、ボナーとは彼のドーピング違反が発覚して以来会話を交わしておらず、また、今現在、彼と会話を交わしたいとは思わないとコメントした。

「彼は電話をかけてきたが、そのときは応じなかった。別に彼を憎んでいるわけでないが、今は彼と話したくはない。」

またボナーの件とは別に、ホワイトはヘビー級ファイターのデイブ・ハーマンが ドラッグリハビリプログラムに参加することに合意したと発表。

両者はUFC153でのドーピング検査で陽性反応を示し、ボナーはステロイド使用、ハーマンは大麻使用によるものでした。

今回のドーピング違反は両者共に初めてではなく、2回目の違反であった。

ボナーはUFC153の試合後に引退を表明、ホワイトに対し、電話で説明(言い訳)を試みようとするも、あえなく失敗に終わった。

「何が一番私をがっかりさせたのかというと、ボナーは何も申告してこなかったということだ。」

ボナーはこれまでファイターとしてだけではなく、解説者としても、UFCに貢献してきましたが、今回のドーピング違反行為が、彼の将来にどのような影響をもたらすのか。

http://mmajunkie.com/news/31694/white-not-taking-bonnars-call-after-positive-test-herman-agrees-to-treatment.mma?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+mmajunkie+%28MMAjunkie.com+Feed%29
ダナ・ホワイトはステファン・ボナーからの電話を拒否 ダナ・ホワイトはステファン・ボナーからの電話を拒否 Reviewed by Hideki Azul on 11/19/2012 Rating: 5
Powered by Blogger.