アリスター・オーフレイムは試合に飢えている


現在ドーピング違反で出場停止処分中のアリスター・オーフレイムは自身の復帰次期について明らかにし、ケイン・ヴェラスケス対ジュニオール・ドスサントス戦の勝者とのタイトル戦を実現させるために2013年春までは試合を行わないのではなく、ライセンスの再申請が可能な12月27日後すぐにでも試合を行いたい意向であることをオランダのMMAサイトMixFightとのインタビューで明らかにした。

「このスポーツは移り変わりが激しい。だからもし自分にタイトル戦を待つのか、それともすぐに試合をするのかという選択肢があったとすれば、すぐに試合をするという選択をするだろう。」

また彼のタイトル挑戦はそもそも時期尚早だという王者ドスサントスの意見に対して

「UFCと契約を結んだときに、すぐにタイトルに挑戦という選択肢もあった。だけど自分はブロック・レスナーを選んだ。もしUFCが自分にタイトルに挑戦して欲しいのであれば自分はいつでも準備は出来ている。もちろんもしUFCが自分に王者以外の他の誰かと戦って欲しいのであれば、自分はその相手と戦う。自分はファイターだから、遅かれ早かれタイトルには挑戦する。」

http://fiveouncesofpain.com/2012/11/01/alistair-overeem-would-rather-fight-right-away-than-wait-for-a-title-shot/
アリスター・オーフレイムは試合に飢えている アリスター・オーフレイムは試合に飢えている Reviewed by Hideki Azul on 11/02/2012 Rating: 5
Powered by Blogger.