マット・ヒューズが正式に引退を表明


マット・ヒューズの引退が正式に発表され、彼は今後、UFCが新たに選手育成を目的として設立した部門 (Athlete Development and Government Relations) の副社長として、UFCと関わっていくことが発表された。

また、今回新たに選手育成を目的とした部門が設立されたことにより、会社が定めるルールやポリシーなどが新たに作られた。

ヒューズは主に、選手の現役生活や、引退後のキャリア等をサポートしていくことになる。

「彼の存在はUFCの選手にとって、とても貴重な存在になるだろう。」

とUFCの最高執行責任者であるローレンス・エプスタインはヒューズの経験の貴重さを強調。

ヒューズは選手たちに対し、リング内、外の様々な選手たちが抱える問題を指導していくことになる。この指導には、選手たちは常に社会的な責任を持って行動すること、財政のマネージメント、常に良い健康状態を維持すること、ドーピング違反はしないこと、などが含まれる。またこのほかにも、ヒューズにはそれぞれの州のアスレチック・コミッションやMMAの競技連盟などに従事し、プロの選手の視点からみたコミッションや競技連盟への見識をUFCに供給していかなくてはならない。」

ヒューズは今回の新たなキャリアについて、

「UFCは常に選手のことを気にしていたから、今回の新たに選手をサポートする部門の設立という運びになった。自分のキャリアにも、いいときもあれば、悪いときもあったが、今振り返ってみると、UFCは常に自分をサポートしてくれていた。自分はプロのアスリートになる過程で発症する、プレッシャーや責任感というものに関し、選手の立場で理解することができる。そういった知識や経験をいかし, 選手や会社を今後は支えていきたい。」 

また、ダナ・ホワイトは

「ヒューズは、UFC初期のころからMMAの成長に大きく貢献してきた選手だ。彼は90年代後半からUFCで戦い、2度王者になった、TUFでのコーチも2度経験している。彼ほど、この仕事に適している人はいない。」
 
http://www.bjpenn.com/matt-hughes-joins-ufc-fron-office-as-vp-of-athlete-development-ufc-news/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+bjpenndotcom+%28BJPENN.COM+MMA+NEWS+BLOGS%29
マット・ヒューズが正式に引退を表明 マット・ヒューズが正式に引退を表明 Reviewed by Hideki Azul on 1/25/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.