フランキー・エドガーはTUF5のトライアウトに失敗していた


当時、すでにMMAでは6戦戦い、4つのKOを含む6連勝中だったフランキー・エドガー、更なるステップアップを目指して、2007年に行われたTUF5のトライアウトを受けてみたものの (グレイ・メイナード, ジョー・ローゾン, ネイト・ディアスなどが参戦)、結局、アンディ・ウォンやマット・ワイマンなどが合格する中、エドガーが選ばれるということはありませんでした。

その後、王者として、グレイ・メイナードと3度の死闘を繰り広げたエドガー、もし、エドガーがTUF5に選ばれていれば、彼らの試合はTUF5で実現していた可能性もありますが、

彼はこの件について、

努力が足りなかったわけではない。」

と語っています。

(事実、彼はオーディションに落ちた数週間後に、UFCからタイソン・グリフィン戦のオファーを受けています。ちなみに、当時のグリフィンは当時のWEC王者のユライア・フェイバーからも勝利も奪っていて、ライト級のトップファイターのうちの一人と見られており、エドガーはかませ犬扱いでした。)

が、その後、順調にキャリアを進め、2010年からは、6戦連続でタイトルマッチを戦い、来月にはフェザー級に階級を転向してから、初めての試合を、ホぜ・アルドとフェザー級のタイトルを賭けて行う予定です。

http://www.mmamania.com/2013/1/27/3919834/history-in-the-making-frankie-edgar-ufc-156-jose-aldo-tuf-5-mma
フランキー・エドガーはTUF5のトライアウトに失敗していた フランキー・エドガーはTUF5のトライアウトに失敗していた Reviewed by Hideki Azul on 1/28/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.