ラシャード・エバンス vs アンデウソン・シウバ戦の可能性


アンデウソン・シウバに適した対戦相手候補として、ここ数年名前が挙がり続けているラシャード・エバンス。

しかし、当のエバンスはこのスーパーファイトの提案に対し、彼がミドル級に階級を落とすのは、シウバとのタイトルマッチ限定であり、それ以外の選手とはミドル級で戦う意思がないことを明言しています。 

彼は今週月曜日にUFC156に向けて行われた記者会見の場で

「2階級制覇するということはとても光栄なことだ。そのうえ、シウバと戦えるということはとても名誉なことである。アンデウソン・シウバの試合を見るのはいつでも楽しい。彼の試合はいつでもエキサイティングだから。

「将来、自分のキャリアを振り返るときに、自分がUFCで世界最高の選手達と戦っていたといえるようになりたい。アンデウソン・シウバとの戦いは自分にとってとてもすばらしい経験になるであろう。

http://bleacherreport.com/articles/1495382-rashad-evans-makes-perfect-sense-as-anderson-silvas-next-opponent


その一方で、ラシャード・エバンスは新しい階級設立を支持へ


元UFCライトヘビー級王者のラシャード・エバンスは今週の月曜日に行われたUFC156に向けての記者会見の場で、将来的なミドル級への階級転向 の可能性について聞かれ、もしUFCが新たな階級、195パウンド(88.5kg)、を設立した場合には、ミドル級(185パウンド、84kg)への階級 転向よりは195パウンド(88.5kg)での戦いのほうがより興味があると答えた。

「(もしUFCが)195パウンド(88.5kg)の階級設立を考えているのであれば、(この動きを)支持していきたい。(新 たな階級ができれば)さらに高いレベルで選手は争うことになるだろう。UFCファイターの中には自分と同じ様に適正階級が階級と階級の間という選手が多く いる。自分がライトヘビー級で戦っていくには、少し小さすぎるし、ミドル級で戦っていくには、自分の体は大きすぎる。(もしUFCが)195パウンド(88.5kg)の階級設立を考えているのであれば、とてもすばらしいアイディアだと思う。」

エバンスは2月2日に行われるUFC156でアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラと対戦予定です。

http://www.fightline.com/fl/news/2013/0121/552773/rashad-evans/ 
ラシャード・エバンス vs アンデウソン・シウバ戦の可能性 ラシャード・エバンス vs アンデウソン・シウバ戦の可能性 Reviewed by Hideki Azul on 1/22/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.