へクター・ロンバートの悩み


へクター・ロンバートはUFC日本大会での岡見勇信戦で、もしつまらない試合をした場合に自分がUFCからリリースされるのではないかと恐怖心を抱いている事を明らかにした.

元ベラトール王者のロンバートは高額の契約条件と共に、UFCに移籍してきましたが、UFC初戦を判定負けで飾る不本意なスタート、のちに彼は胸骨にひびが入っていたために、本来のパフォーマンスを発揮することが出来なかったと弁明. しかしながら、その低レベルの戦い方で彼はUFCよりPPVカードから外されるという処置をとられていました (ちなみにPPVカードに出場するとPPVの売り上げを元にボーナスが貰えるといわれている).
そのため、UFC2戦目となった試合で勝利を収めるも、彼の中から未だに恐怖心を消えていないようです.

「岡見は強敵だ. 彼には長いリーチがある. 面白い試合になるだろう、彼は距離をつめて、組みついてくる. 自分は岡見のゲームプランを避けなければいけない. 自分は彼にパンチを見舞っていかなければならない.」

ロンバートはもし彼が岡見選手のクリンチスタイルのゲームプランにつき合わされたら、彼がとてもつまらないファイターに見えてしまう事を懸念している.

「自分はアグレッシブにパンチを見舞っていきたい. 自分がKOされようが構わない. ただエキサイティングな試合をしたいだけだ.」

http://www.bloodyelbow.com/2013/3/1/4044244/ufc-fuel-tv-8-hector-lombard-worried-cut-yushin-okami-boring
へクター・ロンバートの悩み へクター・ロンバートの悩み Reviewed by Hideki Azul on 3/03/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.