MMAレフリーのジョシュ・ローゼンタールは大麻の製造及び販売で最低でも10年間の懲役刑の可能性あり


UFCなどでもお馴染みのMMAレフリーのジョシュ・ローゼンタール、しばらくUFCで見ないと思っていたら、なんと大麻の製造及び販売の罪で警察に捕まっていたことが判明。

ローゼンタールと共同のオーナーは市場価値にして約6億円もする大麻を販売目的で製造、現在、係争中との事。

記事によれば彼には2つの選択肢があり、検事側と交渉し37ヶ月の懲役刑、罰金刑、5年間の保護観察処分を受けるか、検事側と全面対決し最低でも10年間の懲役刑、10億円の罰金刑、及び5年間の保護観察処分を受けるかの2択になるようです。l

ローゼンタールは来月17日に裁判所に出廷する模様。

また、彼はレフリーのライセンスの更新を行わなかったとの事なので、彼がレフリーとして復帰するかどうかは微妙です(彼のライセンスは2012年度一杯で切れています)。

http://sports.yahoo.com/blogs/mma-cagewriter/referee-josh-rosenthal-pleads-guilty-charges-owning-6-222133049--mma.html
MMAレフリーのジョシュ・ローゼンタールは大麻の製造及び販売で最低でも10年間の懲役刑の可能性あり MMAレフリーのジョシュ・ローゼンタールは大麻の製造及び販売で最低でも10年間の懲役刑の可能性あり Reviewed by Hideki Azul on 4/18/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.