グレイ・メイナード 「ベンソン・ヘンダーソンはライト級最高の選手ではない」


UFC160で怪我からの復帰第一戦に望むグレイ・メイナード ですが、デイナ・ホワイトはかねてより、この試合の勝者が次期タイトル挑戦者になると明言してきました。

「自分にとってとても重要な試合になることはわかっていた。アンソニー・ペティス戦を望んでいたが、彼はホゼ・アルドと戦うためにフェザー級へ階級を変更してしまった。UFCはペティスの代わりにTJ・グラントをオファーしてきたが、彼もペティスと同じくTop10にランクしているファイターなので、試合オファーを受けることにした。この試合が次期タイトル挑戦者決定戦になることはある程度予想していたことだ。実際にこの話を聞いたのは試合へ向けたキャンプが半ばに差し掛かり、トレーニングをスローダウンしていたところだった。ただ、この話を聴いた瞬間から、またモチベーションがあがって、ハードなトレーニングを開始した。」

一部の評論家からは、今回の決定戦に疑問があり、

たとえば、ネイト・ディアスを破った元ストライクフォース王者のジョシュ・トンプソンや判定結果に賛否両論があったギルバート・メレンデスのベンソン・ヘンダーソンとのリマッチの方がふさわしいのではないかといったものですが、

メイナード はこれらの評論家の意見に対し、

「なんていっていいかわからないが、ボスが言うとおりにするだけだ。自分はずっとTop10にランクしてきたし、この前のタイトル戦だって自分は勝ったと思っている。この階級にはタイトルに挑戦することに異論を挟ませないファイターはいないと思う。アンソニー・ペティスはタイトル戦に挑戦する権利があったが、彼は階級を変更してしまった。」

また王者のヘンダーソンについて

「倒すのが難しいファイターだが、一番ではない。彼の試合はいつだって判定がどちらに転んでも仕方がないような接戦ばかりだ。彼の過去3試合、自分はフランク・エドガーとメレンデスの勝ちだと思った。」

http://www.mmafighting.com/2013/5/20/4349020/gray-maynard-ignoring-critics-benson-henderson-ufc-160-tj-grant-dana-white
グレイ・メイナード 「ベンソン・ヘンダーソンはライト級最高の選手ではない」 グレイ・メイナード 「ベンソン・ヘンダーソンはライト級最高の選手ではない」 Reviewed by Hideki Azul on 5/21/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.