ゲガール・ムサシはビクトー・ベウフォート戦を希望


現在膝の故障からのリハビリ中のゲガール・ムサシ、復帰戦はミドル級になるとの見方がありますが、

「復帰戦の相手次第ということになるけれど、高い確率でミドル級で復帰戦を行う可能性がある。もし、復帰戦の相手のオファーがミドル級のトップ選手であった場合、ミドル級に階級を落として戦うことになるだろう。すべては試合のオファー次第ということになる。ビクトー・ベウフォートのようなトップコンテンダーと戦いたいと思っている。」

「正直なところ、ミドル級で戦う方が自分にとって適していると思っている。相手にアドバンテージを握られることも少ないし。もちろん、最後にはスキルの問題になって、体格差で試合に勝てるとは思っていないが、ただ、1ミリたりとも、相手にアドバンテージをあげたくないことも事実だ。」

「もちろんすべては対戦相手次第だ。自分の目標はベルトを取ることだ。自分のスタイルからいって、自分はジョン・ジョーンズと戦うよりは、アンデウソン・シウバと戦う方が合っていると思う。ただ、だからといって、自分がジョーンズと戦うことを恐れているわけではない。」

現在リハビリ中のムサシの復帰次期は今年後半といわれていますが、

「自分の目標はベルトをできるだけ早く奪取することだ。タイトル戦に繋がるような試合を望んでいる。前回の試合の対戦相手はランキングすらされていない選手だった。自分にはこれまで培ってきた戦績がある。自分は今まで、王者や元王者といったファイターを倒してきた。タイトル戦にはあと、1,2試合といったところだと思っている。」

ただ、ムサシはこの階級変更は決定事項というわけではなく、もし、UFCからライトヘビー級で戦ってほしいというオファーがあれば、喜んでライトヘビー級で戦っていくとのこと。ただし、対戦相手はトップ3にランクしているファイター限定で、希望はアレクサンダー・グスタフソン戦とのこと。ちなみに現在トップ3なのはリョート・マチダ、グスタフソン、ダン・ヘンダーソンです。

もしミドル級に階級を変更した場合、ベウフォート以外では、岡見勇信を含むトップ3にランクされたファイターとの対戦を希望とのこと、ちなみに現在トップ3なのはクリス・ウェイドマン、ベウフォート、岡見選手となっています。

http://www.mmafighting.com/2013/5/21/4353078/gegard-mousasi-leaning-heavily-towards-middleweight-wants-vitor-belfort-ufc
ゲガール・ムサシはビクトー・ベウフォート戦を希望 ゲガール・ムサシはビクトー・ベウフォート戦を希望 Reviewed by Hideki Azul on 5/22/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.