ギルバート・メレンデス「次回は違ったアプローチで戦うと宣言」


UFCデビュー戦となったUFC on Fox 7でのベンソン・ヘンダーソン戦では僅かな差で敗れてしまったギルバート・メレンデス、彼はもし再戦が行われれば、次回は違ったアプローチで戦うと宣言。

「ヘンダーソンは自分が予想していた通りとても素晴らしいアスリートだ。彼は自分の予想通りとても良い蹴りをしてきた。彼は良いパンチを放ってきたが、自分も良いカウンターパンチを決め、キックをブロックし、自分は彼の攻撃から危険を感じることはなかった。この試合の経験から、自分はいろいろ学んだし、次回は違ったアプローチで戦いたい。」

メレンデスは試合をする前はヘンダーソンの方がグラップリングに優れていると思っていたために、試合ではグラウンドの試合を持ち込まなかったというが、

「試合をしたことによりグラップリング、レスリング力には自信がついてきた。ヘンダーソンの方がグラップリングに優れていると思っていたが、試合を行った後の今ではグラップリング、レスリング面でも自信がある。」

彼はもし再戦が行われれば、次回は違ったアプローチで戦うと宣言。

「クリンチをしたときには自分の方が優位に立っていると感じた。再戦でもクリンチは積極的にしていきたい。もしかすると本当に対戦する可能性があるから詳しいことは伏せておきたいが、ただ、自分では何を次回すればいいのかはわかっている。」

ヘンダーソンの次戦はグレイ・メイナード vs TJ・グラント戦の勝者と決まっていますが、多くのファンやメディアが再戦を望んでいたように、早ければ今年中に両者の再戦が見れるかもしれません。

http://www.mmaweekly.com/gilbert-melendez-next-time-i-fight-him-ill-do-a-lot-of-things-differently
ギルバート・メレンデス「次回は違ったアプローチで戦うと宣言」 ギルバート・メレンデス「次回は違ったアプローチで戦うと宣言」 Reviewed by Hideki Azul on 5/05/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.