エディ・アルバレスのベラトールとの闘争は2014年まで続く可能性


元ベラトールライト級王者のエディ・アルバレスはベラトールとの契約終了後、UFCとの契約を望み、UFCとの交渉に臨みましたが、アルバレスはベラトールと、ベラトールがもしUFCと同じ内容の契約を提示した場合はベラトールに残留しなければいけないないという契約を結んでいたため、UFCに移籍することが出来ず、その後、アルバレスはベラトールからの契約解除を求めベラトールとの法廷闘争に突入していました。

ファンとしてはアルバレスとベラトールの争いが一刻も早く終わることを望むところですが、残念なことにベラトールとの闘争は2014年まで続く可能性が出てきました。

地方裁判所の書類によると、両者は公判前整理手続が行われる2014年の9月まで顔を合わせることを裁判所から求められていないため、裁判が本格的に始まるのは2014年の末になることが予想されます。

もし、両者の裁判が本当に2014年まで行われないのであれば、アルバレスは全盛期を無駄に過ごす事になります。

このような状況にファイターを追い込むことを平気でしてしまうベラトールには今後どのような未来が待っているのか、これから新しくMMAに入ってくるアスリートはこのようなベラトールの行動を見てベラトールを敬遠していくのではないでしょうか。結局、ベラトールという団体は新しい才能から拒絶されて、行く行くは潰れていくだろうと考えるのは自分ひとりだけではないと思います。

http://www.bloodyelbow.com/2013/6/26/4467664/eddie-alvarez-to-be-tied-down-by-bellator-lawsuit-long-into-2014

エディ・アルバレスのベラトールとの闘争は2014年まで続く可能性 エディ・アルバレスのベラトールとの闘争は2014年まで続く可能性 Reviewed by Hideki Azul on 6/27/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.