ジュニオール・ドス・サントス「アリスター・オーフレイム戦には興味がない」


アリスター・オーフレイムはUFCデビュー戦で元UFCヘビー級王者のブロック・レスナーにTKO勝ちを収め、また、当時11連勝という実績を誇っていたために、すぐにタイトル戦への挑戦が決まり、2012年の5月に当時のUFCヘビー級王者だったジュニオール・ドス・サントスとヘビー級のタイトルマッチを行う予定でした。

UFC146はどちらもトップクラスの打撃を誇るヘビー級のストライカー同士の戦いとして大変注目を集めていました。

しかし、オーフレイムが試合前に行われたドーピングテストで失格したために、元UFCヘビー級王者のフランク・ミアが代わりにドス・サントスとタイトルマッチに挑戦することになりました。

一度は試合が流れてしまったものの、ファンはいまだにオーフレイム vs ドス・サントス戦をあきらめておらず、またUFCも両者の試合をUFC160で一度は組んだことは記憶に新しいところです。

ただ、ファンの熱望とは裏腹に、ドス・サントスはオーフレイム戦について違う意見を持っているようです。

「ビッグフットに彼は下に押しやられてしまった。彼との対戦にはもう興味がない。もちろん自分はUFCがオファーする試合を拒否したりはしないが。」

また、昨年、ドス・サントスはオーフレイムに関して、オーフレイムは実験室で産まれたと発言していましたが、今回もオーフレイムについて疑問を呈しています。

「自分のことが信じられなくて、トレーニングに身を捧げる事もできないようなファイターだけが必死に世間からの関心を引こうとする。」

、とオーフレイムの実力に関して疑問を呈しています。

http://bleacherreport.com/articles/1686221-junior-dos-santos-has-no-interest-in-facing-alistair-overeem

ジュニオール・ドス・サントス「アリスター・オーフレイム戦には興味がない」 ジュニオール・ドス・サントス「アリスター・オーフレイム戦には興味がない」 Reviewed by Hideki Azul on 6/28/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.