グローバー・テイシェイラがアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラの代役を務められなかった理由


UFC161でマウリシオ・"ショーグン"・フアと対戦予定だったアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラが怪我により欠場が決まり、一時はホジェリオの代役を探していたUFC、チェール・ソネンが名乗りを挙げ、一時はソネン vs ショーグン戦も噂されました。
ただ、ソネンにはビザの問題が生じ、結局UFCは試合自体を中止することに。

しかし、この時にUFCにより代役候補に挙がっていたのはソネンだけではなかったようで、その一人がグローバー・テイシェイラだった模様。

ブラジルのMMAサイトのTATAMEによるとUFCはテイシェイラにショーグン戦を打診。

テイシェイラ本人によると、

「UFCはマネージャを通して自分がUFC161でショーグンと戦うことができるか聞いてきた。ただ拳を怪我していたために試合のオファーを断らなければいけなかった。」

結局試合はキャンセルされ、ソネン vs ショーグン戦はFox Sports 1で行われることが決まっています。

また、テイシェイラがいつ怪我から復帰できるのかについては情報がありません。

http://www.fightline.com/fl/news/2013/0608/555775/
グローバー・テイシェイラがアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラの代役を務められなかった理由 グローバー・テイシェイラがアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラの代役を務められなかった理由 Reviewed by Hideki Azul on 6/09/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.