UFCデビューから20年でKO決着の試合が50%も減る。

UFCが始まった1993年には100%だった一本勝ち、KO率も (1995年までは判定という選択肢がなかったため)、20年後の2013年には50%と半分に、実に176試合の内91試合が判定によって勝敗が決まっています。

判定決着が増えた理由としてはテレビの放映が急激に増えたことや、競技のレベルが高まったことやファイターが増えたことにより、UFC内での競争力が高まっていることなどが考えられそうです。

http://www.mixedmartialarts.com/news/437630/Finishing-rate-in-UFC-drops-from-100-to-50-over-20-years-now-steady/
UFCデビューから20年でKO決着の試合が50%も減る。 UFCデビューから20年でKO決着の試合が50%も減る。 Reviewed by Hideki Azul on 6/25/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.