アンデウソン・シウバの4つの敗戦


UFCでは未だに負けなしの16連勝を誇るUFCミドル級王者のアンデウソン・シウバ、1997年のデビュー以来、キャリアの中で4つの負けしか記録していません。

vs ルイス・アゼレード

MMA第3戦目となったアゼレード戦、試合開始前から必要に対戦相手に対して挑発を繰り返すシウバ、試合開始直後はスタンドでレベルの違う異次元の打撃を見せるものの、試合がグラウンドへの攻防に移った途端に何もできなくなり、結果判定負けを喫してしまいます。

vs 高瀬大樹

アゼレード戦後は負けなしの9連勝を記録していたシウバ、主戦場をPRIDEに移しての高瀬戦です。打撃ではかなわないと思ったのかタックルを仕掛けていく高瀬選手、高瀬選手にテイクダウンされた後は、ほぼ何もできないという前回の敗戦試合のときと同じような展開が続き、最後は関節技でキャリア初の一本負けを喫して試合終了。

vs 長南亮

初めて大晦日の格闘技祭りに出場したシウバ、高瀬戦後1年ぶりのPRIDE登場となります。いつものように打撃では圧倒、ただ、今回は自らグラウンドに相手を引きずりこみます。ただ、やはりグラウンドでは分が悪く、すぐに長南選手にマウントを取られるという展開、その後、再びスタンドに戻りますが、やはりスタンドでは長南選手を圧倒し、シウバのあまりの高いレベルの打撃力に、いっそのこと、グラウンドを捨てて戦えばいいのにと思わされるほどです、が最後の最後で関節技での一本負けを喫してしまいます。

vs 岡見勇信

現時点ではシウバにとっては最後の敗戦試合となっています。この試合ではシウバが終始岡見選手を圧倒し続けていたので、最後の反則の蹴りが悔やまれるところです。ただ、やはりすぐにグラウンドで下になってしまうところなどを見ると弱点は治っていないような気がします。

http://bleacherreport.com/articles/1690879-ufc-162-preview-full-fight-video-of-anderson-silvas-four-career-defeats
アンデウソン・シウバの4つの敗戦 アンデウソン・シウバの4つの敗戦 Reviewed by Hideki Azul on 7/02/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.