ヒトラー総統閣下がアンデウソン・シウバに大激怒

UFC162の試合を第2次世界大戦中に観戦していたヒトラー総統閣下がアンデウソン・シウバにブチ切れています。



「なんでシウバは道化のような真似をしたんだ!

この負けで全てが台無しになったじゃないか!!

もし、シウバが勝っていれば、ジョン・ジョーンズとのスーパーファイトが次に行われる予定だったのに

もう、これで見ることはできない。

シウバはすぐに再戦をするべきだ!

そして、次は決して道化の様に動き回らないことだ!

シウバはロイ・ジョーンズ・ジュニアと戦いたいようだが、彼の真似事をすると, どうなるかわかったはずだ。

このような糞なことが起きるんだ。」

「ヒトラー総統閣下、スパイダーを侮辱するようなことは許可することができません。」

「あいつは目立ちたがり屋だ。

しまいには、ノックアウトされてしまった。」

「総統閣下、試合前はスパイダーの事を史上最高の選手だと言っていたではありませんか。」

「昔の事をいちいち言うのはやめてくれ! ただ、流行に乗っかてみただけだ。

あいつはボコボコにされてしまった。」
ヒトラー総統閣下がアンデウソン・シウバに大激怒 ヒトラー総統閣下がアンデウソン・シウバに大激怒 Reviewed by Hideki Azul on 7/13/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.