IBFはカール・フローチの次期対戦相手にジョージ・グローブスを指名


IBFは現WBA, IBF世界スーパーミドル級王者であるカール・フローチの次期タイトル戦の挑戦者にジョージ・グローブスを指名、もしフローチが対戦を拒否した場合、フローチはIBFのベルトを失うことになります。

25歳のグローブスは19戦無敗、15試合をKOで飾っています。

IBFの代表は今回の決定に関し、

「フローチはアドニス・ステベンソンと対戦する必要があったが、ステベンソンは待ちくたびれて、ライトヘビー級に階級を転向してしまった。そのため、今回、グローブスが新たなフローチの指名試合の相手になる。」

先日、ミッケル・ケスラーと対戦し、完勝したにもかかわらず、ケスラーとのリマッチに興味を示したいたフローチ、もしフローチが本当に指名試合を避けたいのであれば、今後はWBA一本で行くことになるのでしょうか。

http://www.boxingnews24.com/2013/07/ibf-orders-froch-to-face-groves-next/
IBFはカール・フローチの次期対戦相手にジョージ・グローブスを指名 IBFはカール・フローチの次期対戦相手にジョージ・グローブスを指名 Reviewed by Hideki Azul on 7/02/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.