タイロン・スポーン「UFCと契約できるのであれば、キックボクシングをあきらめる」


キックボクシング、MMAと様々なコンバットスポーツに挑戦し続けているタイロン・スポーン、これに加え、最近ではボクシングへの挑戦を口にしていましたが、ただ、もし、UFCから納得のいくオファーがあれば、これらの挑戦をすべてあきらめUFC一本に絞っていく考えがあることを明らかにしました。

「すべては契約内容しだいだ。ファイターは家族や愛する人、そして自分たちのために戦い、お金を稼ぐ必要がある。だからファイトマネーはとても重要な要素だ。もし、UFCがちゃんと自分が納得のいくオファーを出してくれるのであれば、自分はUFC1本で行く覚悟が出来ている。」

もし、UFCと契約すると、ほかのUFC以外の大会には出場できなくなるので、もし、スポーンがUFCを選択すると、GLORY, WSOFなどといった大会への出場をあきらめなくてはなりません。

スポーンならジョーンズを破ってくれるのではという幻想が自分の中にあるので、いちファンとしてはスポーン vs ジョン・ジョーンズ戦をUFCでとても見たいというのが本音です。

http://www.mmamania.com/2013/7/29/4568854/tyrone-spong-drop-kickboxing-wsop-ufc-contract-right-money-mma
タイロン・スポーン「UFCと契約できるのであれば、キックボクシングをあきらめる」 タイロン・スポーン「UFCと契約できるのであれば、キックボクシングをあきらめる」 Reviewed by Hideki Azul on 7/30/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.