マイケル・ビスピング「リョート・マチダは戦うスタイルを変えるべきだ」


UFC163でフィル・デイヴィス相手に敗戦を喫してしまったリョート・マチダ、その判定結果には賛否両論が巻き起こっていますが、マイケル・ビスピングはこの結果について、マチダには殺人本能や、積極性が足りないからだと、敗戦理由を語っています。

「リョートは試合で勝つのに十分な仕事をしなかった。彼はオクタゴン上でただ動き回っていて、効果的な攻撃をデイヴィスに仕掛けず、デイヴィスに彼の仕事をさせていただけだ。デイヴィスの打撃はとてもすばらしかった。ただ、その一方で、マチダの動きは限定的だった。マチダからは相手を倒そうという闘争本能を見ることができなかった。彼はもっと積極的に戦わなければいけない。」

マチダのカウンター一本に絞った戦い方はよく批判の的になりますが、ただ、これまでは、彼はその戦法で持って多くの相手を倒してきたことも事実です。

しかし、最近は、マチダが以前よりも試合で勝てなくなってきたことも事実で、直近7試合では、4勝3敗の成績となっています。

http://www.mmamania.com/2013/8/5/4591706/ufc-163-michael-bisping-fight-style-change-hesitant-lyoto-machida-mma
マイケル・ビスピング「リョート・マチダは戦うスタイルを変えるべきだ」 マイケル・ビスピング「リョート・マチダは戦うスタイルを変えるべきだ」 Reviewed by Hideki Azul on 8/06/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.