マット・ブラウン「自分はGSPのレスリングを封じることができる」


この6年間、GSPはレスリングでもって対戦相手を圧倒し、勝ちを積み重ねてきましたが、マット・ブラウンはGSPのレスリング力を全く恐れていないようです。

「自分はGSPにレスリングで勝てる。馬鹿げていると思われるかもしれないし、ネットで馬鹿にされるかもしれないが、自分のことはよく知っている。」

ブラウンはUFCで11勝5敗の成績を含むMMA通算では18勝11敗の成績を誇っていますが、特に2012年以降は無敗、現在4試合連続でKO勝ちを記録、先週末に行われたUFC Fight Night 26でもマイク・パイルを秒殺しています。

UFC Fight Night 26大会後に行われた記者会見の場で、戦い続ける唯一の理由はGSPを倒すためだと語っていたブラウン、

「GSPはこれまで、自分のように常に相手にプレッシャーをかけ続けることができるファイターとは戦ったことがないと思う。彼が試合に勝利するための重要なキーはテイクダウンだが、皆、自分のレスリング力を過小評価している。自分はGSPのテイクダウンを止めることができる。世界最高のレスラーたちとトレーニングを積んでいるし、日々、自分のレスリング力は良くなっていくばかりだ。」

ただ、これまでも、GSPに挑戦してきたウェルター級ファイターは、自分は今までGSPが戦ってきた相手とは違うということを語ってきましたが、実際にはGSPを倒すことはできませんでした。

しかし、ブラウンは、このようなファンの考えも理解したうえで、もし、彼のレスリング力に疑問を持っているのであれば、自分がトレーニングの拠点にしている、オリンピックや世界大会に出場するレスラーを多く輩出しているオハイオ州立大学のレスラー達に聞いてみるべきだと答えています。

「自分のレスリングの実力を最近あまり披露する機会がなかったが、それは対戦相手達がレスリングでゲームを組み立てていくタイプではなかったからだ。だけど、GSP戦では、番狂わせを起こすつもりだ。ファンの多くは、自分のレスリング力がとても高いことに驚くだろう。」

http://www.mmajunkie.com/news/2013/08/ufc-fight-night-26-winner-matt-brown-i-can-outwrestle-georges-st-pierre
マット・ブラウン「自分はGSPのレスリングを封じることができる」 マット・ブラウン「自分はGSPのレスリングを封じることができる」 Reviewed by Hideki Azul on 8/20/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.