アンデウソン・シウバは85%の状態でクリス・ウェイドマン戦を戦っていた


現在、UFC168をプロモートするために、世界ツアーを行っているアンデウソン・シウバと、クリス・ウェイドマンですが、シウバは、リオデジャネイロで行われた記者会見の場で、UFC162では、怪我をした状態で戦っていたことを告白しています。

「正直、とても、痛かった。チェール・ソネン戦の時に傷めた場所よりも、下の部分の肋骨を痛めていた。ウェイドマン戦の時は、85%の状態だった。」

シウバは、肋骨を、何時、何をしていたときに、痛めたのかについては、明かすことを拒否したものの、次回のウェイドマン戦では、この怪我が、問題にならないことを約束しています。

また、シウバは、今週の水曜日から、ウェイドマン戦に向けたトレーニングキャンプを、開始することを明言していて、

「水曜日から、トレーニングキャンプを、開始する。アメリカに行って、チームとともに、試合に向けて、トレーニングをしていくつもりだ。何人かのファイターが、キューバからやって来て、自分に、レスリングを、教えてくれる予定になっている。リマッチでは、前回とは違うアンデウソン・シウバを見ることになる。」

http://www.mmafighting.com/2013/9/29/4784488/anderson-silva-fought-chris-weidman-with-injured-ribs-i-was-at-85
アンデウソン・シウバは85%の状態でクリス・ウェイドマン戦を戦っていた アンデウソン・シウバは85%の状態でクリス・ウェイドマン戦を戦っていた Reviewed by Hideki Azul on 9/30/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.