アリスター・オーフレイムの決意


UFC167でフランク・ミアと対戦するアリスター・オーフレイム、かつては、UFCヘビー級王者に最も近い男といわれていましたが、ドーピング違反で戦線離脱後は、2連敗と精細を欠き、王者になるどころか、UFC解雇の危機に直面しています。

K1、DREAM、ストライクフォースで世界王者に輝いたオーフレイムは、UFC156でアントニオ・シウバにTKO負け、UFC Fight Night 26でもトラヴィス・ブラウンからTKO負けと、2試合連続で、TKO負けを喫しています。

「もし、フランク・ミアに敗れるようなことがあったら、自分は何か違うことを始めるべきだと思う。もし、彼に負ければ、3連敗だ。もし、そのようなことが起こった場合は、ほかの事を始めるべきだと思う。自分は、まだあと数年は戦いたいと思っている。リタイアを回避するためには、ミアを絶対倒さなければいけない。彼はトップ10ファイターだし、元ヘビー級王者だ。彼との試合はとても興味深いものになると思う。」

もし、ミアに敗れるようなことがあったら、オーフレイムは、MMAを止めてしまうのか、それとも、他団体に移籍するのか、K1復帰か、ただ、本人たちの思惑とは別に、たとえ、彼らが、3連敗、4連敗したところで、彼らがUFCから解雇されるのはないとみられていますが、果たしてどうなるのでしょうか。

http://www.mmamania.com/2013/9/9/4712740/ufc-167-alistair-overeem-do-something-else-loses-frank-mir-heavyweight-mma
アリスター・オーフレイムの決意 アリスター・オーフレイムの決意 Reviewed by Hideki Azul on 9/10/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.