アンドレ・ウォードの次戦の相手が決定


肩の怪我の影響で、約1年間戦列を離れているWBC世界スーパーミドル級王者のアンドレ・ウォードの復帰戦の相手が、ウォードと同じく、無敗を誇る、現在スーパーミドル級でWBC1位,WBA3位,IBF3位, WBO6位にそれぞれランクしているエドウィン・ロドリゲスに決定したことが明らかにされました。

ウォードは、

「11月16日に、エドウィン・ロドリゲスと対戦する契約に、たった今、サインしたところだ。」

、とツイート。

ウォードは復帰戦の相手として、現WBA世界スーパーミドル級暫定王者のスタニスラフ・カシュタノフや元WBA世界スーパーミドル級王者のディミトリ・サーティソンを望んでいましたが、この試合を放映するHBOはウォードの対戦相手としてロドリゲスを選択。

ロドリゲスは、カシュタノフやサーティソンと比べて、あまり遜色のないファイターですが、ただ、ロドリゲスには、パンチを放つ際に、顔の防御が手薄になるという悪い癖があるので、ウォードにとっては、ロドリゲス戦のほうが、カシュタノフやサーティソンと対戦するよりも、カウンターパンチを当てやすいというという点で、楽といえるかもしれません。

http://www.boxingnews24.com/2013/09/andre-ward-signs-bout-agreement-to-fight-edwin-rodriguez-on-november-16th/
アンドレ・ウォードの次戦の相手が決定 アンドレ・ウォードの次戦の相手が決定 Reviewed by Hideki Azul on 9/15/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.