ハビブ・ヌルマゴメドフはパット・ヒーリー戦後にハファエル・ドス・アンジョス戦を希望


UFCライト級の超新星ハビブ・ヌルマゴメドフは、早くも、次戦のパット・ヒーリー戦後の計画に着手していて、ヒーリー戦の次に戦う相手として、トップ10ファイターのハファエル・ドス・アンジョスとの対戦を希望していることを明らかにしました。

UFCデビュー後、4勝0敗の成績を誇り、MMAではいまだに負けなしの20連勝を誇っているヌルマゴメドフ、完璧な成績を誇りながら、いまだに彼はトップ10にランクしたことがありませんが、ヌルマゴメドフのマネージャーは、ランキングについて、全く気にしてはいないようです。

「(ランキング外なことは) 全く、気にならない。彼はまだ、ここUFCでは、あまり有名ではない。ただ、パット・ヒーリー戦のあとに、ランキングの問題も解決するだろう。」

24歳のヌルマゴメドフは、サンボと柔道のバックグランドを持ち、その圧倒的なグラップリング力で、UFCでも、他を寄せつけない強さを見せ付けています。

UFC165で対戦するヒーリーは、ヌルマゴメドフと同じように、グラップリングに優れており、ヌルマゴメドフが、今までUFCで戦ったファイターの中では、もっともタフな相手となります。UFC159でUFC復帰を果たしたヒーリーは、復帰戦で、ジム・ミラーからサブミッション勝ち (のちにヒーリーが大麻の陽性反応を示したため、判定はノーコンテストに変っています、が、ヒーリーのグラップリング力には、疑いの余地はありません。) を収めています。

「ヒーリーは、とても完成されたファイターだと思う。ヒーリーは、ハビブだけでなく、全てのライト級のファイターにとって、脅威になる存在だと思う。ハビブは、レスリングと打撃面で、ヒーリーにアドバンテージを持っている。おそらく、この試合のキーになるのは、レスリングや打撃の差になるだろう。自分は、ハビブが判定で勝利するとみている。」

この試合で、勝利を収めれば、5連勝となるヌルマゴメドフ、彼のマネージャーは、ヌルマゴメドフが、ヒーリー戦で勝利を挙げれば、ヌルマゴメドフには、タイトルに挑戦する資格が十分にあるはずと主張しますが、その一方で、もう一試合、タイトルに挑戦する前に、トップ5のファイターとの試合を挟んでいくことにも異論はなく、具体的に、ドス・アンジョスとの対戦を希望しているそうです。

もちろん、ドス・アンジョス戦を実現するためには、ヒーリー戦での勝利が絶対条件ですが、ブラジリアン柔術の黒帯で、レスリング、ストライキング、両方に優れている、ドス・アンジョスとの対戦は、判定決着というよりは、KO決着必死の、エンターテイメント性の高い試合になりそうです。

http://bleacherreport.com/articles/1779232-manager-khabib-nurmagomedov-wants-rafael-dos-anjos-with-win-over-pat-healy
ハビブ・ヌルマゴメドフはパット・ヒーリー戦後にハファエル・ドス・アンジョス戦を希望 ハビブ・ヌルマゴメドフはパット・ヒーリー戦後にハファエル・ドス・アンジョス戦を希望 Reviewed by Hideki Azul on 9/19/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.