ギルバート・メレンデス 最新インタビュー


10月19日のUFC166で、ディエゴ・サンチェスを相手に、UFC初勝利を目指す元ストライクフォース王者のギルバート・メレンデス、メレンデスは、サンチェスに完勝することで、自身が、再び、UFCライト級タイトルマッチに挑戦できると考えているようです。

「ディエゴ相手に、自分が、圧勝することができれば、自分は、再び、タイトルマッチ挑戦権を得ることができると思う。

ただ、ディエゴも、この試合に向けて、最高のディエゴ・サンチェスに仕上げてくると思うし、この試合は間違いなく、闘いになると思う。

もし、自分たちが、最高の状態で、戦うことができれば、皆が、忘れることができないくらいの試合になるだろう。ただ、その一方で、彼が、過去最高のディエゴ・サンチェスで現れることもありえる。この試合は、彼が、再びタイトルレースに戻るのに、絶好のチャンスだから、彼のモチベーションはとても高いだろう。だからこそ、自分は、この試合に、とてもフォーカスしている。ただ、勝つだけではなく、自分の実力をしっかり見せ付けていきたい。

今でも、自分の目標は、昔と変わらず、王者になることだ。自分はいまだにファイターとして、成長し続けている。特に、今は、メンタル面での向上を図っている。この試合のためにハードなトレーニングを積んできたから、今度は、自分が培ってきたスキルを披露する時だ。進化した自分を、試合で試していくのが、待ち遠しい。」



ヒューストンで行われるUFC166、ヒューストンには、多くのメキシコ系アメリカ人が住んでいることでも知られていますが、UFCは、メキシコ系アメリカ人のMMAに対する関心を、メキシコ系であるメレンデスとサンチェスが、高めていってくれることに期待しているようです。

UFC166では、彼らのほかにも、メインイベントで、メキシコ系のケイン・ヴェラスケスが登場し、ラテン系のファンを取り込んでいこうというUFCの策略が見えます。

このように、UFCがある特定の人種に狙いを定めて、ファン拡大を狙っていくときは、スターが産まれやすく、メレンデスにとっては、彼がもう一段階上のMMAファイターになるいいチャンスだといえます。

「誰が、一番タフなメキシコ人ファイターかを、決める日が来るのを待っていた。自分が、もっともタフなメキシコ人ファイターでありたい。試合への準備はできている。今回のように、多くのプレッシャーを感じるときは、準備周到でなければならない。最悪なのは、準備不足で、自信が全くないときだ。自分が、試合で最高のパフォーマンスをすることができると感じるれるくらい、しっかりトレーニングをして、準備万全の状態で、試合に臨まなければならない。その点、自分は、今すぐにでも、試合をすることができている。」

http://bleacherreport.com/articles/1783578-the-fighting-life-the-quiet-storm-of-gilbert-melendez
ギルバート・メレンデス 最新インタビュー ギルバート・メレンデス 最新インタビュー Reviewed by Hideki Azul on 9/24/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.