マーク・ムニョスはリョート・マチダと対戦へ


マイケル・ビスピングが網膜剥離の手術のために、マーク・ムニョス戦を欠場し、ムニョスの新たな対戦相手として、リョート・マチダがリストアップされたことが発表されました。

UFC159後に、網膜剥離の手術をし、最短での復帰を目指してきたビスピングですが、新たな手術が必要になり、この手術により、トレーニング復帰までに4ヶ月から6ヶ月間、試合復帰までに、約1年間の期間を要することが明らかにされています。


ビスピングのマネージャーは、

「ビスピングは、新たに網膜剥離の手術を行ったばかりで、これからリハビリを始めていく予定だ。ビスピングが、本格的に、スパーリングなどの激しいトレーニングを再開出来るのは、約4ヶ月から6ヶ月後になるだろう。」

これにより、ムニョス vs ビスピング戦が行われる大会で、ティム・ケネディと対戦する予定だったムニョスの友人であり、かつてのトレーニングパートナーでもあるマチダが、新たにムニョスの対戦相手に選ばれています。


ムニョスは、

「彼は友人だし、かつては、一緒にトレーニングをしていた。悪く思わないでほしいが、ただ、自分は、過去にも、友人との対戦の経験があるから、(マチダとの対戦が)問題というわけではない。これから、3週間かけて、彼のスタイルを打破するためのトレーニングをしていく。彼のスタイルは、ユニークだが、彼も、自分のようなスタイルのファイターとは、戦ったことがないと思う。お互い、状況は、同じだ。」

一方、大会の3週間前に、対戦相手を失ったティム・ケネディは、リョート・マチダに対して、


「君は、僕の心を傷つた。」

、とツイートし、続けて、クリス・カモージーに対して、

「クリス・カモージー、君の髪型は変だ。もし、なにか言い返したいのであれば、自分と戦うべきだ。」

、と対戦要求、カモージーも、ケネディに対して、

「自分の髪型を悪く言ううなんて、なんてことだ。(髪型のことは)言ってはいけないことだった。いつでも、戦う準備は出来ている」

と返答しています。

また、ケネディは、カモージーだけに留まらず、ゲガール・ムサシ、ヴァンダレイ・シウバ、ニック・ディアス等にも、同様のツイートをし、対戦を要求しています。

デイナ・ホワイトは、この中から、誰をケネディの対戦相手に選ぶのか、ムサシ、シウバは怪我で戦線離脱中、ニックは引退しているので、可能性があるのは、実質、カモージーだけですが。

http://www.bloodyelbow.com/2013/9/28/4780266/ufc-michael-bisping-eye-injury-surgery
http://www.bloodyelbow.com/2013/9/28/4781632/mark-munoz-ufc-fight-night-30-lyoto-machida-michael-bisping
マーク・ムニョスはリョート・マチダと対戦へ マーク・ムニョスはリョート・マチダと対戦へ Reviewed by Hideki Azul on 9/29/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.