マイケル・ビスピングがジョシュ・バーネットのヘッドコーチを招聘へ


10月に開催されるUFC Fight Night 30でマーク・ムニョスを相手に、試合を行うマイケル・ビスピング、もし、ビスピングがこの試合に勝つことが出来れば、ビスピングは、ビクトー・ベウフォートに次ぐタイトルコンテンダーになることが確実です。

ビスピングは、今回、トレーニングキャンプで、UFC屈指のグラップリング力を誇るムニョス対策として、ジョシュ・バーネットのヘッドコーチであるエリック・パーソンの助けを借りて、グラップリング力の向上に努めていっている模様です。



「今、カリフォルニア州のフラトンにあるCSWジムにいる。エリック・パーソンが、マーク・ムニョス戦に向けたトレーニングキャンプのヘッドコーチだ。マークはレスラーだから、エリックがマークのレスリング対策を講じてくれることを願っている。エリックは世界トップクラスのコーチだし、ここには多くの優れたファイターがエリックの元でトレーニングをしている。」

ちなみに、パーソンは、ブロック・レスナー、カブ・スワンソン、レナート・ババルらのトレーナーとして知られていて、特に、ジョシュ・バーネットは長年パーソンの元でトレーニングを続けている生徒の一人です。
マイケル・ビスピングがジョシュ・バーネットのヘッドコーチを招聘へ マイケル・ビスピングがジョシュ・バーネットのヘッドコーチを招聘へ Reviewed by Hideki Azul on 9/14/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.