ミーシャ・テート「もし、ロンダ・ラウジーに同じ方法で負ければ、自分の命を絶つ」


TUF18でコーチ役を務め、12月のUFC 168でコーチ対決を行う予定のミーシャ・テートとロンダ・ラウジー、テートは、この試合への意気込みとして、もし、ラウジーに再びアームバーで負けた場合、自分の顔を銃で撃ち抜く覚悟を持っているようです。

「前回の試合で、一番問題だったのは、感情的になりすぎていたということだった。自分は、ラウジーを倒すだけのスキルを持ち合わせているから、次回は、冷静に、試合に臨むべきだと思う。それと、次回の試合では、柔道で、グラウンドに持ち込まれ、アームバーに持っていかれないように、ラウジーの柔道に対処していかなければならない。リマッチでは、前回のように、アームバーで、試合が終わることはない。もし、そうなった場合は、自分で、自分の顔を撃ちぬきたい。アームバーによる負けは、絶対に起きない。」

http://middleeasy.com/fighting/item/12239-miesha-tate-says-she-will-shoot-herself-in-the-face-if-ronda-rousey-armbars-her-again
ミーシャ・テート「もし、ロンダ・ラウジーに同じ方法で負ければ、自分の命を絶つ」 ミーシャ・テート「もし、ロンダ・ラウジーに同じ方法で負ければ、自分の命を絶つ」 Reviewed by Hideki Azul on 10/26/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.