ファブリシオ・ヴェウドゥム「アリスター・オーフレイムは、ステロイド無しでは、全く違うファイターだ。」


ファブリシオ・ヴェウドゥムは、アリスター・オーフレイムの数々の成功は、パフォーマンス向上薬無しでは、成し得なかったと考えているようです。

ヴェウドゥムは、最新のインタビューで、最近のオーフレイムの不調について触れ、

「彼は、ステロイドによって、持久力を少し失ったように見える。彼は、ステロイドを使用しなくなってから、かなり変わってしまった。彼の今までの功績は、ステロイドの力によるものだった。彼は、ステロイド無しでは、全く違うファイターだ。パワーも、以前と比べて、落ちている。彼は、フランク・ミア戦に向けて、トレーニング方法を変えていくのか、試合では、今までとは違う戦い方をするのか、どうなるか、見てみよう。ただ、ミアも、オーフレイムと同様に、最近は、あまり調子はよくないから、おそらく、オーフレイムが、ミアをノックアウトで、勝つだろう。オーフレイムなら、ミアのテイクダウンを防げるはずだ。オーフレイムが、ステロイド無しで、どれくらい戦えるのか、楽しみだ。」

ドーピング違反で、出場停止処分を喰らい、UFC156で復帰してからは、2連敗と、後がない状態のオーフレイム、この2つの敗戦に共通しているのは、2試合とも、試合の前半は、対戦相手を圧倒しながらも、相手を倒しきれずに、最終的には、TKO負けを喫しているという点で、ヴェウドゥムの言うように、相手を決めきれないのは、オーフレイムのパワーが、ステロイド無しで、低下したからなのか、試合の後半で、相手にやられているのは、持久力が、ステロイド無しで、なくなったからなのか、どちらにしよ、UFC169で負ければ、UFCから解雇されるのは、必至と見られています。

http://bleacherreport.com/articles/1800476-fabricio-werdum-alistair-overeem-changes-completely-without-the-juice
ファブリシオ・ヴェウドゥム「アリスター・オーフレイムは、ステロイド無しでは、全く違うファイターだ。」 ファブリシオ・ヴェウドゥム「アリスター・オーフレイムは、ステロイド無しでは、全く違うファイターだ。」 Reviewed by Hideki Azul on 10/08/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.