トッド・ダフィーの復帰は2015年か?


2012年暮れのUFC復帰戦で、フィル・デ・フライズからTKO勝ちを奪い、鮮烈な印象を残したトッド・ダフィー、次戦でも、同じような活躍が期待されるところでしたが、2013年、ダフィーのニュースを聞くことは余りありませんでした。

実は、ダフィーは、パーソネージターナー症候群という難病を患っており、今後、約1年間は、試合を欠場することになりそうです。

「誰かが、自分の背中を刺しているような感じだ。痛みを発症した当初、どうしていいのか、わからなかった。ERに行けばいいのか、どうすればいいのか、とてもショックな出来事だった。動くことはできないし、手を使うことにも支障をきたすほどだった。拳を握ることすらできなかったし、何も、物を、持ち上げる事とが出来ないような状態だった。そんな状態に直面して、正直、とても恐ろしかった。自分でもいったい何が起きているのかわからなかった。」

ダフィーが、再び、拳を握ることが出来るようになったのは、それから、1ヵ月半後だったようです。

通常、パーソネージターナー症候群を完治するのに要する期間は、18ヶ月から24ヶ月といわれています。

ただ、良いニュースとしては、ダフィーは通常よりも早いペースで、回復していっているということです。

「多くのセラピストや医者と話をした結果、自分は1年後には試合に復帰することが出来るという判断を貰った。」

2011年に続き、2013年も怪我で全休することになったダフィーですが、予定通りに回復することが出来れば、2014年の終わりには復帰することが出来るのではと予想されています。

http://www.cagepotato.com/ufc-heavyweight-todd-duffee-sidelined-for-another-year-due-to-rare-medical-disorder/
トッド・ダフィーの復帰は2015年か? トッド・ダフィーの復帰は2015年か? Reviewed by Hideki Azul on 11/09/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.