ノニト・ドネアの次戦は来年の5月以降に


先日、フェザー級のノンタイトル戦でビック・ダルチニアンと対戦した元世界4階級制覇王者のノニト・ドネアですが、その試合で、眼窩を怪我してしまった為、ドネアの次戦は、早くて、来年の5月以降になることが明らかにされました。

ただし、骨折しているのか、どうかなどの詳細については明らかにされていません。

(追記)

やはり眼窩骨折だったようです。2人の医者にかかった結果、1人目の医者は、手術を、もう一人の医者は自然治癒を勧め、ドネアは、自然治癒を選んだようです。自然治癒の場合、4月か5月までには治ると考えられますが、ただ、経過が思わしくない場合は、手術を選択することになり、もしそうなった場合、彼の復帰は大幅に遅れることになりそうです。

ちなみに、ドネアは、次戦で、スーパーバンタム級統一王者のギレルモ・リゴンドウとの対戦に興味を示していますが、ドネアのプロモーターは、現WBA世界フェザー級王者のニコラス・ウォータースとのマッチメイクに興味を示しています。

http://www.boxingnews24.com/2013/11/donaire-out-of-action-until-may-due-to-injured-orbital-bone/
ノニト・ドネアの次戦は来年の5月以降に ノニト・ドネアの次戦は来年の5月以降に Reviewed by Hideki Azul on 11/13/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.