GSPが抱えているのは訴訟問題? 元マネージャーは否定


先日、TMZは、GSPの抱えている問題として、父親が危篤状態であることと、ある女性との間に出来た子供の認知問題だと伝えていましたが、前者は、GSPの妹が否定、後者は、デイナ・ホワイトによって否定されていました。

では、いったいGSPはどのような問題を抱えているのかというと、今度は、GSPの初代マネージャーだったステファン・パトリーが、GSPが、元マネージャーのシャリ・スペンサーとの間で、訴訟問題を抱えているのが原因だと主張しています。

「自分がGSPのマネージメントを担当した後に、3年ほど、女性マネージャーのシャリ・スペンサーがGSPのマネージメントを担当していた (ちなみに、現在は、違う方がGSPのマネージメントを担当しています)。ただ、スペンサーが、GSPのマネージメントを辞めた時、彼らは決していい終わり方をしなかった。自分は、GSPのマネージャーを辞めた後でも、GSPといい関係を保つことが出来た。彼とは、今でも友人だ。ただし、スペンサーは、GSPのマネージャーを辞めた後に、数億円の訴訟を起こしていることからもわかるように、スペンサーとGSPの場合は、そういうわけにはいかなかった。自分が想像するに、GSPが抱えている問題は、元マネージャーとの問題くらいだ。」

しかし、元マネージャーのスペンサーは、GSPが抱えている問題として噂されている訴訟問題を否定、GSPとは、何の問題もないことを強調しています。

「もしかすると、GSPは問題を抱えているかもしれないが、それは、自分との間に起きている問題ではない。彼とは、何の問題も抱えていない。」

ただし、彼らが、過去に訴訟問題を抱えていたのは事実のようで、

GSPは、元マネージャーのスペンサーに対して、およそ7300万円の支払いを命じられ、すでに支払い済みとのことです。

GSPは、2011年に元マネージャーのスペンサーから訴えられており、裁判所は、GSPに、およそ7300万円の支払いを命じています。

ただ、裁判所は、その他にも、GSPに対して、以下の支払いも求めています。

- 今後PPVイベントで得る収益の20%
- 2008年にUFCとの間で締結したマーチャンダイジング契約で獲得した印税の20%
- スペンサー在籍時に獲得したスポンサーの収益の5%

すでに判決は下されているので、この問題について、両者が、まだ、争っているということはなさそうですが、GSPにとっては、今後、稼ぐお金の一部が、スペンサーに持っていかれるというのが頭痛の種なのかもしれません。あくまで、想像ですが。

http://www.mmamania.com/2013/11/19/5121582/ufc-167-georges-st-pierre-refutes-pregnancy-report-ex-manager-blames-massive-lawsuit-mma
http://www.mmamania.com/2013/11/19/5123430/georges-st-pierres-ex-manager-shari-spencer-denies-being-problem-court-documents-lawsuit
GSPが抱えているのは訴訟問題? 元マネージャーは否定 GSPが抱えているのは訴訟問題? 元マネージャーは否定 Reviewed by Hideki Azul on 11/20/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.