ジョシュ・コスチェックがUFC解雇を免れる


TUFのシーズン1出身の選手であるジョシュ・コスチェックは、マイク・スウィック、クリス・リーベン、ディエゴ・サンチェスなどの3選手とともに、現在も、UFCに在籍しているTUFのシーズン1出身の選手の4人のうちの一人ですが、トップファイターとしての地位を、現在も獲得しているのは、コスチェックとサンチェスだけになっています。

無論、UFC167で、タイロン・ウッドリーから、TKO負けを喫するまでに、3度もノックダウンを喫してしまったコスチェックが、今後も、トップファイターの一員として認識されていくのかには、疑問が残るところですが。

UFC167での敗戦により、3連敗を喫してしまったコスチェック、通常、UFCで3連敗したファイターは、解雇の危機に直面するものですが、デイナ・ホワイトによると、コスチェックは、これからも、UFCで戦っていくようです。

ホワイトは、事あるごとに、TUFが、現在のUFCの成功の大きな要因であると考えており、TUFのシーズン1出身の選手であるコスチェックを、解雇することは、とても容易ではない事が、窺い知れます。

また、ホワイトは、試合後に、コスチェックから、引退を仄めかす様なテキストメッセージを貰ったそうですが、ホワイト自身は、コスチェックは、まだまだやれると考えているようです。

ホワイトは、選手としてのコスチェックについて、常にブーイングを浴びての戦いの中、コスチェックは、毎回素晴らしいパフォーマンスを見せることが出来ると、選手として、高く評価しています。

http://www.mmafighting.com/2013/11/17/5113666/dana-white-josh-koscheck-wont-be-cut-despite-third-straight-loss
ジョシュ・コスチェックがUFC解雇を免れる ジョシュ・コスチェックがUFC解雇を免れる Reviewed by Hideki Azul on 11/18/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.