アンソニー・ぺティスは6ヶ月から8ヶ月間の戦線離脱へ


UFCライト級王者のアンソニー・ぺティスは、来週、後十字靭帯の手術を受ける予定ですが、ぺティスは、約6ヶ月から8ヶ月間の戦線離脱を覚悟しているとの事です。

「医者から、トレーニングに復帰するまでに、約6ヶ月から8ヶ月の期間を要すると言われた。だから、来年の夏までには、7月には、試合に復帰することができればと思っている。」

ぺティスは、今年の8月に、ベンソン・ヘンダーソンとベルトを懸けて戦った際に、怪我を発症していました。

また、ぺティスは、復帰戦で、ネイト・ディアスとの試合を希望しているようです。

「最近のネイト・ディアスは、口うるさい野郎だ。前回の試合後にも、彼は、ギルバート・メレンデスと自分こそが、世界トップ2のライト級ファイターだとぬかしていた。正直言って、あの発言は、自分に直接向けられたものだと思っている。自分が、王者なのには、しっかりとした理由があるし、ベルトは今自分の部屋に飾ってある。自分こそが王者だ。ただし、前回の試合の彼のパフォーマンスが素晴らしかったのは事実だ。ネイトが、タイトルコンテンダーの一人に成ってくれれば、自分の復帰戦で、試合を行うことができる。」

http://www.mmaweekly.com/anthony-pettis-expected-to-be-sidelined-six-to-eight-months-hopes-for-nate-diaz-fight-upon-return
アンソニー・ぺティスは6ヶ月から8ヶ月間の戦線離脱へ アンソニー・ぺティスは6ヶ月から8ヶ月間の戦線離脱へ Reviewed by Hideki Azul on 12/05/2013 Rating: 5
Powered by Blogger.