ダン・ヘンダーソンの最新インタビュー


ダン・ヘンダーソンが、MMAサイトのBloodyelbowとのインタビューの中で、新しい契約や、マイケル・ビスピングとのリマッチ等について語っていたので、一部を紹介していきます。

Bellator、WSOFについて

「Bellatorが、UFCのような団体になろうとしているのは理解できるが、彼らの現状は赤字経営だ。収入よりも、支出のほうが多い。WSOFに関しては、よく知らないというのが真実だ。彼らの経営方針は、Bellatorとは違い、健全な経営を行うとしている。現状で、UFC以上にファイトマネーを払える団体は、存在しない。たまには、妥協しなければならないときもある。」

契約交渉について

「UFCは、自分に、もう一度チャンスを与えてくれようとしている。プライドを捨てて、年俸のダウン提示を受け入れるしかない。」

ミドル級について

「ミドル級への階級転向に関して、考えているところだ。ミドル級では、ビクトー・ベウフォートが、次期タイトル挑戦者だが、(ミドル級への階級転向で)、彼とのリマッチの可能性も十分ありえる。」

ビクトー・ベウフォート

「(タイトル戦で) 彼がテストステロン補充療法を申請するとは思わない。」

ドーピング検査について

「テストステロン補充をした状態で出場するファイターや、過去にドーピング違反を犯したファイターたちを対象にランダムでドーピング検査をすればいいと思う。正直な話、全員が、ランダムでドーピング検査を受ければいい。」

マイケル・ビスピング

「なぜ、自分が、ビスピングに、もう一度、自分と戦うチャンスを、あげなければならないのか、わからない。彼は、別に、突出した成績を残しているというわけでもない。彼は、よくやっていると思うが、彼の場合、大抵、何試合かで、良い勝利を収め、タイトル戦線に躍り出るが、タイトル戦線に躍り出た途端、敗戦を喫するというパターンが多い。それに、前回以上の勝ち方を想像することが出来ない。出来れば、あの終わり方のまま、終わらせたい。」

キャリアのハイライト

「ひとつに決めるのは、とても難しいが、ヴァンダレイ・シウバを破ってPRIDEのベルトを獲得した時が一番のハイライトだろう。もちろん、エメリヤーエンコ・ヒョードルを破った試合も、自分のキャリアのハイライトのひとつだし、ストライクフォースライトヘビー級のタイトルを獲得したハファエル・フェイジャオ戦やビスピング戦でのKO劇もハイライトのひとつだ。」

Hボムへの依存度

「確かに、最近の試合では、パワーパンチを多用している。ただ、これには、理由があって、トップファイターを倒すには、パンチがとても重要なキーだと考えているからだ。最近のファイターたちのグラップリング力は、とても高く、サブミッションで、攻めていくのは、とても難しい。自分の得意なエリアというわけでもないし、だからこそ、パンチで、相手をノックアウトするのが、自分にとっては、トップファイターを倒すベストな方法だと思う。

もちろん、自分はレスリングを使い相手をテイクダウンすることも可能だ。ただ、ファンが見たいのは、打撃戦であって、レスリングマッチではない。ファンは、そんな退屈な試合を見たくないと思っている。よりエキサイティングな試合をする為にも、最近の試合では、パワーパンチを多用している。」

http://www.bloodyelbow.com/2014/1/22/5334366/ufc-dan-henderson-on-moving-to-mw-testing-bisping-contract-negotiations-vitor-belfort
ダン・ヘンダーソンの最新インタビュー ダン・ヘンダーソンの最新インタビュー Reviewed by Hideki Azul on 1/23/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.