2014年2月26日水曜日

ローリー・マクドナルド「次戦は、王者と戦いたい」


 ここ数年、ローリー・マクドナルドは、新世代のファイターの最右翼だと考えられてきましたが、UFC170の勝利により、マクドナルドが、ウェルター級のタイトルマッチに挑戦する日も、そう遠くない未来になりそうです。

UFC170のデミアン・マイア戦で、キャリア最高ともいえるパフォーマンスを魅せたマクドナルドですが、次の目標として、UFC171で行われるUFCウェルター級王座統一戦の勝者との対戦を望んでいることを、Fox Sportsとのインタビューで明らかにしました。

「デミアンはとても才能のあるファイターで、ウェルター級のトップファイターのうちの一人だ。UFC170の戦いで、明らかになったと思うが、自分こそが、次期タイトルコンテンダーだと思っている。自分は、この階級のベストファイター、ジョニー・ヘンドリックス vs ロビー・ローラー戦の勝者と戦う準備が出来ているし、ファンも、自分と、ヘンドリックス vs ローラー戦の勝者との戦いを見たいと思っているはずだ。

この戦いは、大きな注目を集めると思うし、ビッグマネーの試合になるだろう。自分は、この階級でベストなファイターだと自覚しているし、自分の実力を、ファンや、UFCに、それを証明する準備も整っている。

自分は、ベルトを奪取して、すぐに、取られるような真似を、されるつもりはない。一度、ベルトを奪取したら、長期間、ベルトを保持していくつもりだ。ウェルター級のベルトは、長らく、カナダにあった。それは、これからも変わらない。自分が、ベルトを奪取して、長期間、自分のものにしていくつもりだ。」


(UFC170試合直前、アボガドをカット中に、手を怪我してしまったローリー・マクドナルド)

http://msn.foxsports.com/ufc/story/rory-macdonald-wants-the-next-title-shot-i-feel-that-i-am-the-best-in-the-division-022514